読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luck Tabi

気楽に旅したい

【JAL】JAL国際線ファーストクラス搭乗記(サービス編)

f:id:gragra1185:20170408134040p:plain

2017.3.にJALファーストクラスの特典チケットが入手でき、予定も空いていた事から、ロンドンまで旅行することしました。

JL043便 HNDLHR イギリス・ヒースロー空港までは12時間程度の旅となります。

搭乗記は一記事に書いてしまおうと思っていたのですが、普段よりも写真が多くなるため、分割致します。

それでは、ラウンジを出たところからのレポートです。

優先搭乗

出発の15分前には搭乗ゲートに行く事を心がけているのですが、旅行シーズンということもあったので、この日は心持ち早く20分前にはゲートに行きました。

f:id:gragra1185:20170408134341p:plain

が、既に皆様並ばれている。。。

f:id:gragra1185:20170408135320p:plain

最後尾から。エメラルド会員様が多いのかなとも思いましたが、この日の羽田発ヒースロー行きJL043便はファーストが満席でした。

そして、優先搭乗アナウンスが流れて、搭乗。

f:id:gragra1185:20170408140219p:plain

お世話になるB777機(ボーディングブリッジより)です。

f:id:gragra1185:20170408134040p:plain

別れ道に看板がありまして、ファースト乗客は左側へ。

左へ行くといよいよファーストクラスの機内サービスが始まります!

いよいよ機内へ。

機内へ入ると、コートを預かって頂き、丁寧に挨拶頂きました。

ただ、この日は満席(8/8)だったためか、どのCAさんも忙しくされていました。

(それでも8席に対して3人ついているので十分多いとは思います。)

諸兄らが、幾度となくレポートしてくれているので、座席の全体等詳細は省きますが、着席時の写真をのせておきます。

f:id:gragra1185:20170408141019p:plain

とにかく、座席は広い!プレミアムエコノミーでも十分広いと感じていたのですが、こちらは次元が違いますね。エコノミー6〜8席分でしょうか。

また、座席前方には、既にアメニティが配されていました。(左端にちょっとだけ見えています。)

アメニティはロエベだ!と思っていたのですが、赤い?

ファーストクラスアメニティ、リラクシングウェア

f:id:gragra1185:20170408142724p:plain

セミハードケース?赤?と思っていましたが、JALさんのHPに書かれていました。

press.jal.co.jp

新ファーストクラスアメニティキットです。

下記路線で、3/28からポルシェデザインとのコラボでアメニティ提供ということでした。

  • 北米(シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ)
  • 欧州(ロンドン、パリ)

他路線ファーストクラスは、まだLOEWEなのでしょうか。気になります。

併せて3ヶ月限定でリラクシングウェアがポルシェデザインとのコラボになるとのことで、こちらも頂きました。

f:id:gragra1185:20170408144949p:plain

S、M、Lの3サイズを用意しており、少しゆったりめになっているとのことでした。

機内でのお話に戻ります。

機内レポートに戻ります。機内へ入り暫くすると、ウェルカムドリンクが。

シャンパーニュとオレンジジュースを用意しているとのことでしたが、

何故か私はオレンジジュースを頼みました。

(他の方はシャンパーニュにされている方が多かったです。)

 

そうこうしている間にテイクオフ。

安定飛行に入ってからメニューを頂きました。

f:id:gragra1185:20170408151959p:plainf:id:gragra1185:20170408152035p:plain

食事に関しては、別頁でレポートしていきたいと思います。

国際線機内Wi-Fiサービス

また、こんなものも頂きました。

f:id:gragra1185:20170408152331p:plain

機内Wi-Fiクーポンですね。24時間無料とのことで、大変役立ちました。

(iPhoneシムフリー化を忘れていたので、大変お世話になりました。)

機内エンターテイメントに飽きたらネットサーフィンもできますし、することには事欠かない感じでした。

接続速度等はこちらでレポートしています。

lucktabi.hatenablog.com

またまた機内でのお話に戻ります。

食事が終わりますと、機を計らって照明が落とされます。

ちなみに、リラクシングウェアには皆様個人個人のタイミングで着替えに行っていたので、私はこの位のタイミングでCAさんに声をかけて、トイレで着替えました。

食事の際は、食べた終わったのを見計らって、次の品がくる、グラスが空くと注がれるみたいな感じでした。まさに逆兵糧攻めを食らっているような感じで、お腹がいっぱいで疲れて眠るみたいな感じでしょうか。

ベッドメイクをして頂き、一旦寝る事にしました。

f:id:gragra1185:20170408153925p:plain

足ばかりの画像で申し訳ない。全体像は諸兄らのファーストクラス搭乗記に譲ります。

寝返りが打てるくらい幅も広く、ぐっすり眠れました。

 ファストトラックご利用券とチョコレート

そうこうしている間に、着陸2時間前になり、ベッドを解除。

クイーン・オブ・ブルーを頂きながら、UK入国書類を記載します。

最後にJEAN PAUL HEVINのチョコレートと、ファストトラックご利用券を頂きました。

f:id:gragra1185:20170408154348p:plain

そしてロンドン、ヒースロー空港へ到着。

このときは、チョコレートに目がいっており、正直、ファストトラックご利用券は必要ないかなと思っていました。(勿論、チョコも非常に美味でありました。)

(今回英国入国は初めてでしたが、EU域内は何度か訪れており、入国審査もその位のものだろうと甘い推定をしていました。) 

が、ファストトラックご利用券非常に役立ちました。あれは非常にストレスフルです。JALさんは本当に最後の最後までいいサービスをされますね。

UK入国審査は他到着便の客もいたためか、恐ろしく混んでおり、どれだけ待つんだという感じでした。(また、一人にかける時間が長いこと、長いこと)

ファストトラック側はほとんど人がおらず、こみこみで3分くらいで終わりました。

そして、預かり荷物。Luggageの案内に従い辿り着いてから、3分程待った後流れ出しました。

は、早い。というかファストトラック利用者以外は間に合わないんじゃないのだろうか。通常であればボーダー抜けるまで何周するんでしょうか。他航空会社でLHRへ来たと推測される荷物はコンベアの横に並べられていましたし。

Bottom line

優先搭乗から目的地到着、荷物受取までのJAL国際線ファーストクラス(HND/LHR便)のサービスについてレポートしました。

最初にCAさんより、「ファーストクラスのサービスを是非ご体感ください。」との挨拶があったのですが、本当に細部まで行き届いたサービスで、すごかったと、説明をするにも筆舌に尽くしがたいです。到着して疲れがほとんどなかったのは、まさにその証左でしょう。(Yのときは到着して、取りあえずホテルで寝ます(笑))

当初、12時間のフライトということで、長いかなと感じていたのですが、全くそんなことなく、時間を忘れるフライトでした。